見やすくシンプルなサイトを目指し、当サイトは現在改装中です(^^) ※テンプレートは通常通りご利用いただけます

無料配信Excelテンプレート【順位表に同順位を反映させる方法】

無料配信Excelテンプレート【順位表に同順位を反映させる方法】

仕事でと~ってもよく聞かれる集計方法があります。

それが今回のタイトルの通り、同順位の反映方法です。

集計表からRANK関数で順位を出し、別の表に1位から順に表示する為、
VLOOKUP関数で算出したものの、例えば3位が2つあると、
最初の3位は表示されるものの、2つめの3位は、VLOOUP関数で4位を探している為、
エラー値が表示されてしまうというものです

本来なら、もっと数式を組み込んで対策の列を少なくする事が出来るのですが、
このブログの目的に、皆様に数式などの応用方法を理解し、
自分のものにしてほしい!という想いがありますので、
あえて流れが分かりやすいようにしてみました

一応、帳票の中に下記の画像のように、流れの意味を説明させて頂いていますので、
どのような手順か、あえてここでは読まないよ!という方は、いっきに下までいって
ダウンロードの注意事項をご確認頂いたらダウンロードへ進んで下さい

こんな感じで説明を入れてます

 

 

Excelファイルはいらん。やり方を!と言う方、ざっくりとご説明します。
こんな感じのデータです

  1. まずRANK関数を使い通常の順位を算出
  2. 対策1の列です
    次にCOUNITF関数を使いそれぞれ該当の行までの同順位の数を算出
    範囲に注意。スタートは、$で固定、参照範囲の後ろは、
    下に行くにつれて下に動くようにしてます
    そうすることで、同順位の一つ目には1、下にある二つ目の同順位には2と表示されます
  3. 対策2の列です
    対策1の順位と、対策2でカウントした数字を合わせて、1ケタ増やし、無理やり二桁に
    3位が二つある場合、1個目の3位は、3位&1個で、『31』に
    2個目の3位は3位&2個で『32』にしてます
    ここではむりやり数字と数字をくっつけた『文字列』になっているだけです。
    ただの文字の並びです
  4. 対策3の列です
    対策3の文字列を、VALUE関数で数字に戻します
  5. 対策4の列です
    同順位のなくなった対策4の数字をRANK関数で昇順に並び替え。昇順です!
    この数字を基に、ランキング表に 順位等を反映すると、きちんと表示されます
    順位もVLOOKUP関数で算出して、同順位は同順位が表示されるように
    してあげて下さいね

 

こんな説明で分かっていただけたでしょうか・・・

こちら必ずご確認の上ダウンロードお願いします

 

それでは同順位を表示する方法のExcelファイルは、下記からどうぞ

同順位反映方法はこちら→ Excel無料テンプレート【同順位を反映する方法】