エクセルをもっと身近に♪ビジネスはもちろん、ご家庭でもご利用頂けるエクセルテンプレートをご紹介しています。

Excel工夫、見やすい資料にするコツ【グラフのゼロ値を消す方法】

Excel工夫、見やすい資料にするコツ【グラフのゼロ値を消す方法】

今回はグラフのちょっとした工夫についてお話します

例えば、こんな感じのデータから客単価、組単価を算出します

そこからピロンとグラフを作ります
デフォルテで出てくるグラフだとこんな感じ

 

今回はグラフの色遣い等ではなく、
ちょっと気になるここをなくす方法をご説明します!

まず、その ここ は何が気になるかと言うと、
売上や客単価がゼロに下がったわけではなく、
まだ9月以降は終了していないのです。

終了していないのですが、グラフがガクンと下に落ちています。
でも、本当ならこうしたいところです

私たちが見れば、あぁ今9月半ばだからまだだなと分かりますが、
Excelにとっちゃー、グラフに反映すべきゼロなのか、
反映しないほうが良いゼロなのか、そこまで空気は読んでくれません
ゼロはゼロとして、従順に反映。それがExcelです

なので、客単価、組単価を計算しているセルに一工夫が必要です
今現在のグラフもとのセルはこうなってます

9月から先は『#DIV/0!』というエラーが反映されてます
分母がゼロでは計算出来ませんよ~というエラーです
(分子はゼロでも大丈夫)

グラフのゼロ値の反映をなくす方法として、『#N/A』というエラー値を返す

方法があります
返すとか言うと、分かりにくいかもしれませんね。。
要は、強制的にこのエラー値を表示させます

客単価の計算式は、 売上/客数 です
例えば、9月の客単価のセルには今のところこんな式が入っています

9月のこの『#DIV/0!』のエラーを『#N/A』にしたいのです
初心者さんでも比較的やりやすいのはIF関数で対応する方法かと思います

どういう時に、『#N/A』を表示したいのか と考えると、
売上がゼロの時です(客数ゼロの時でも良いですね)

この集計データから見て、売上ゼロの時は、
まだ売上集計が終わっていない月と考えられますので、
9月客単価のセルをこう変更します

IF関数でもしも売上がゼロの場合、#N/Aというエラー値を表示するのですが、
NA()とすると、#N/Aのエラーが表示されます
これを他の月の客単価セルにもコピーして、
組単価も同じように設定すればOKです

これで9月のゼロがそのままグラフに反映してしまい
ガクんと線が下に落ちたりする事はなくなり、
8月の時点で線が消えるようになるかと思います!

もしもグラフでは無い方の表も報告していて、このエラーの表記が気になる!
という方は、条件付き書式設定で消す(白の文字にする)方法があります
ISERRORで消せばOKかと思いますが、そんなの難しくて分からない、、
という方は、このエラー値のセルの文字を白くしてしまいましょう!
それが一番手っ取り早いです(^-^;)

どうでしょうか、お分かりいただけましたでしょうか?
条件付き書式でエラー値を見えなくする方法も、
またいつかご説明したいと思います!(いつになるか分からないですけど。。(^▽^;)